DYM就職を利用できる年齢と学歴

第二新卒、既卒、フリータ、ニートの転職・就職支援で評価の高いDYM就職ですが、一体何歳から何歳まで利用可能なのか!

また、中卒、高卒でも?それとも大卒以上の学歴がなのか…

ここではDYM就職を利用できる年齢と学歴について解説しています。

 




スポンサードリンク


DYM就職は20代だけではない!

DYM就職は幅広い方が利用できる

DYM就職を利用できる年齢は18歳~35歳です。

え??20代限定じゃないの??

そう、私も最初はそう思っていましたが、どうやら10代後半、30代前半の方でも利用することができます。

つまり、20代の第二新卒、既卒、フリーター、ニートだけでなく、

高校を卒業して就職に失敗した18,19歳

大学に進学したがすぐに中退した10代後半

30代までフリーター、ニートだった方

30~35歳で未経験の分野に転職したい方

35歳までで転職活動に苦戦している方(DYMは書類選考が無いので)

など、非常に幅広いキャリアの方が利用できます。

「あ、意外と自分も対象なのか」と感じる方もいるでしょう。

 

他の若手特化エージェントとの比較(DYM就職は広範囲に対象)

研修・コース

DYM就職以外にも、20代や若手の就職、転職に特化した人材紹介会社(エージェント)は他にもあります。

有名な若手特化のエージェント10社と対象年齢を比較してみましょう。

DYM就職の対象年齢が18~35歳(高卒以上)対し、

マイナビジョブ20’s24〜29歳(学歴不問)

ウズキャリ第二新卒、ウズキャリ既卒、ウズウズカレッジ、JAIC18歳~29歳(高卒以上)

JAIC18歳~39歳(高卒以上)

第二新卒エージェントneo18〜28歳(中卒以上)

20代の転職相談所18〜29歳(大卒以上)

就職Shopは明記無しだが20代が9割(高卒以上が基本)

いい就職ドットコム22~29歳(大卒以上)

ハタラクティブは年齢制限なしだが20代メイン(学歴不問)

といった感じです。

つまり、10代、20代、30代とまたいで就職・転職を支援している若手特化のエージェントはDYM就職とJAICです。

他にもエージェントは数多くありますが、転職活動をする多くの方が利用する人材紹介会社の中では、DYM就職やJAICは広範囲に対応できることが分かります。

 

学歴にも注意

また、お気付きかと思いますが、年齢だけでなく利用基準には学歴も重要になってきます。

18歳だけど高卒と中卒、20代でも大卒と高卒では話が変わってきます。

「学歴」とたった二文字ですが、こればかりは過去の事になってくるので利用するエージェントを選ぶ際の基準として重要な要素となるでしょう。

 

エージェント別 利用できる年齢・学歴の比較表

利用には年齢だけでなく、学歴にも注意しましょう。

今回は複数の若手特化のエージェントと比較しましたが、以下に分かりやすくまとめています。

エージェント年齢学歴
DYM就職18~35歳高卒以上
マイナビジョブ20's24〜29歳学歴不問
ウズキャリ第二新卒18歳~29歳高卒以上
ウズキャリ既卒18歳~29歳高卒以上
ウズウズカレッジ18歳~29歳高卒以上
JAIC18歳~39歳高卒以上
第二新卒エージェントneo18〜28歳中卒以上
20代の転職相談所18〜29歳大卒以上
就職Shop20代中心高卒以上が基本
いい就職ドットコム22~29歳大卒以上
ハタラクティブ20代中心学歴不問

参考にしてみてください。

 

 

まとめ

DYM就職を利用できる年齢は18~35歳、そして学歴は高卒以上の方が対象となります。

若手特化のエージェントの中でも年齢は広範囲に、学歴も高卒から利用できるので比較的幅広い方が利用できます。

また、DYM就職は就職・転職を支援してくれるエージェント(専属リクルーター)が比較的若い方が多いので相談しやすいと思います。

私は過去に親世代のエージェントが担当になることがありましたが、やはり相談すると世代ギャップを感じました(^^;

なのでキャリア相談の際は同じくらいの年齢、もしくはひと回り上の方の方が話しやすいです。

10代後半、20代、30代前半で就職、転職を目指す際は一度相談してみてください。

 

詳しいサポート内容は公式サイトへ

就職支援サービスは完全無料

 

 

 

 

スポンサードリンク