転職Q&A

 

Q-48 「総合職」と「一般職」の違いは?

 

Answer

求人広告などの募集職種を見ていると、よく「総合職」「一般職」といった職種を見かけることが多いです。

一体何が違うのか…

具体的なところは、企業によって内容が様々です。

一般的な企業で例えるなら、基本的に総合職は「企画・営業・管理」など、業務全般に行うことが多いです。

名前の通り、総合的に仕事をします。

一般職は「事務・営業アシスタント」といったサポート的な業務が多いです。

その他にも、働くうえで条件が異なるケースも多いでしょう。

給料・賞与はもちろん、休日の日数、転勤の有無なども変わることがあるかもしれません。

どちらか迷うようであれば、将来的なキャリアプランに沿った考えがベストかと思います。

例えば、今は営業して将来的に企画職に就きたいのであれば総合職を狙うべきでしょう。

総合職はビジネスの第一線で動くことが多い職種なので、異動などのジョブローテーション等によって、職種が変わる可能性があります。

自分の働き方ややりたいこと、キャリアプランを考えたうえで、職種を検討してみると、目標や転職理由も立てやすいかと思います。

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の転職検討・準備に関するQ&A

 

スポンサードリンク