転職Q&A

 

Q-23 退職日が決まってから応募すべき?

 

Answer

退職日がハッキリ決まっていない場合は、希望の企業への応募を待った方が良いのか…

いつ辞めれるか分からない状況で応募するのは躊躇するかもしれません。

しかし、希望する企業の求人は待ってくれません。次のチャンスはいつ来るか分からないのが転職です。

ですので、退職日が決まっていない場合でも応募すべきです。

 

ただし、内定後に入社をいつまで待ってくれるかは、企業によって異なります。

一般的には、内定から1ヶ月以内、長くても2~3ヶ月以内が限界です。

入社の日程が決まらない場合は内定取り消しの可能性も出てくるので、入社可能な日程の目途は立てておくべきです。

むしろ、入社日の目途が立たない状態での内定は難しいです。

転職したい気持ちが強いのであれば、転職先の意向に合わせるほうが良いでしょう。

そのために退職です。

現職の就業規則を確認し、退職の申し出はいつまでに行わないといけないのかをチェックします。

民法上、正社員などは退職を申し出て2週間が経過すれば雇用契約は解除されることになっています。

もちろん、引き継ぎなどの業務があるので、企業側が「退職日から1ヶ月以内」と規定していることもあります。

円満退社を求めるのであれば、きちんとその規定に従って退職の準備を進めていきましょう。

ちなみに企業が社員の退職を拒否する権利はありません。

 

実際、この入社日と退職日のバランスが難しいです。

担当のエージェントに交渉してもらうのが成功の秘訣ですが、自分で交渉する場合は応募前から退職の規定を確認し、内定後は必ず退社するという強い意志を持って交渉しましょう。

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の応募に関するQ&A

 

スポンサードリンク