3つのポイント

2月は一年の中でも求人数が多くなり、転職活動が活発になります。

普段求人を出さない企業が人材を求めていたり、希望に合う求人を見つけやすいことから、このタイミングで転職活動をスタートさせる方も多いです。

ここでは、転職絶好の時期である2月の転職を成功させる3つのポイントを紹介しています。

誰でもできるので参考にしてみてください。

 




スポンサードリンク


2月の転職を成功させる3つのポイント

転職に向けて万全の準備を整える

求人紹介

いずれの転職時期にもいえることですが、当然2月の転職活動でも事前の準備は整えておく必要があります。

主に、

・転職理由の明確化
・情報収集
・市場価値チェック
・全体のスケジュール
・自己分析
・希望条件の整理
・具体的な進め方
・退職の流れ

といった内容が挙げられます。

特に2月は転職活動が活発になるので、常に最新情報が変化していきます。

また、4月入社を目指すケースが多いので、無理のない退職スケジュールも考えておかないといけません。

当サイトの転職ノウハウ特集の①~②「転職検討」「転職準備」編も参考にしてみてください。

 

情報確認を疎かにしない

研修

2月は求人が一気に増加するので、選択肢が豊富になります。

希望に合うそうな求人を見つけやすい反面、探す手間が出てきます。

応募企業ごとの企業情報の収集をきちんと行い、比較検討を常にしながら応募企業の選定をしていきます。

特に内部情報の収集は欠かせません。

ネットでの情報は100%真実とは限らないので、求人企業の内部情報にも詳しい人材紹介会社のエージェントに詳しく聞くことをオススメします。

面倒かもしれませんが、応募する前に一社一社きちんと情報は入手しましょう。

これを怠ると、思っていた企業と違う…条件が合わない…など転職失敗に繋がるケースもあります。

求人の多さにワクワク感が増しますが、基本的な作業は忘れず!

 

個性をアピールする

内定・入社決定

2月は求人が多く、企業側も採用意欲が高いです。

転職活動が活発になるので、他の時期と比べて2月転職はライバルも多くなります。

なので、ネットや本で調べた書類の書き方や自己PRでは個性を出すことができず、ライバルたちに埋もれてしまう可能性があります。

自分だけの強みや個性をきちんと分析し、それをアピールすることで企業から注目されやすくなります。

“私にはそんな個性はない”…と思うかもしれませんが、実は自分では大したことが無いと思っていることでも、他人からすれば立派な個性や強みに見えることもあります。

恥ずかしいですが、身内や友人から聞くと意外な回答を得ることができるかもしれません。

また、具体的なストーリーにすると印象に残りやすいです。

例えば、単にコミュニケーション力が高いとアピールしてもあまり響かないので、具体的なエピソードを付け加えると印象が大きく変わります。

それに説得力も増しますね。

「聖徳太子」と覚えるより、「10人の話を同時に聞き分けることができた聖徳太子」の方が全然印象は違いますもんね。

 

まとめ

2月は求人情報が多く、転職活動が活発になります。

そのため情報の収集は怠らず行うべきです。

求人情報ひとつにしても、いかに早く希望の求人を見つけて応募できるか、という点がポイントになってくるので、転職サイトだけでなく内部情報も得られるエージェントも活用しながら進めていきましょう。

せっかくの転職絶好時期なので、失敗の無いように(・∀・)

 

以下の記事でもこの時期の転職について解説していますので併せてチェックしてみてください。

転職活動を始めるなら今から!4月入社を見込んだ採用活動が活発に

 

 

スポンサードリンク