Pocket
LINEで送る

市場価値診断

「転職を考えてるけど決意できない」

「今転職すべきか、しないべきか判断できない」

このように、転職自体に悩むことはよくあります。

また、“自分の経験・能力に自信がある or ない”といった自己評価から、転職を判断することもあるでしょう。

 

実は、転職する、しないに関わらず、まずは転職市場であなたが今どの位置にいるのかを確認しておかないと、転職に失敗する恐れがあります。

分かりやすい例でいうと、

“自分は高い能力があるから今の年収で満足できない、だから年収を400⇒500万を目指したい”

 

と、自分では思っていても、実際のところ、転職市場ではそこまで高い評価ではないかもしれません。

これを知らずに転職活動を進めてしまうと、理想と現実のギャップに遭遇します。

なかなか転職先が決まらないのも、こういった市場価値を確認できていないケースが多いようです。

なので、転職する・しないに関わらず、まずはあなたの市場価値を確認する必要があります。

 

市場価値の確認方法は非常にカンタンでお金もかかりません。

エージェントに聞く方法もありますが、まずは手軽に、いつでも、どこでも診断ができるサービスがオススメです。

様々な診断サービスがありますが、統計データに強く、診断結果の信頼度が高いパーソルキャリアのサービスが良いでしょう。

利用は無料で一切お金はかかりません。

 




スポンサードリンク


MIIDASを利用して無料で市場価値を知る

MIIDAS

公式サイト

MIIDAS(ミイダス)

 

MIIDASは基本的に転職サイトですが、市場価値を診断できるサービスとしても有名です。

自分のキャリアから、適性年収や市場価値を見い出せるということです。(=だからMIIDAS”ミイダス”)

 

MIIDASで分かる市場価値

年収データ

およそ200万人の年収データを公開しています。

気になる職種を選択すると、その職種の平均年収をはじめ、関連する業種、性別、年齢、企業規模、居住地といったデータまで細かく閲覧することができます。

職種は大分類で13職種、更に細かい職種まで選択できるので、希望職種のデータをピンポイントでチェックできます。

 

転職実績データ(ビフォー&アフター)

およそ7万人の転職実績データを公開しています。

転職したい企業の属性や、他の方の転職データを設定することで細かい情報を入手できます。

・似たキャリアの方がどれくらいの年収でどのような仕事に転職したのか
・あなたの気になる業界にはどのような方が転職したのか

など、大変参考になるデータから自分のキャリアを見つめなおすことができます。

 

ミイダス適性チェック

MIIDAS適性チェック

最近できた新しいサービスで、複数の設問の中から自分にあてはまるものをチェックしていきます。

すると、

・適性が高い職種と低い職種を予測
・職務遂行上で必要とされる能力要素を予測
・マネジメント資質を予測
・どういうタイプの上司と相性が良いか&悪いかを予測
・ストレスを感じやすい活動や条件・環境を予測

といった適性を予測診断してくれます。

今後、転職する or しないのキャリアを考える上で、大いに役立ちそうな診断です。

 

MIIDASで診断してみる

診断の流れは非常~にカンタンです。

MIIDASからの一問一答の質問に対して答えていくだけです。

 

公式サイトに入ります。

こちらから >MIIDAS(ミイダス)

MIIDAS登録画面

公式サイトに入り、「自分の市場価値を調べてみる」をクリックします。

登録フォームに移ります。

MIIDAS登録フォーム

MIIDASの質問に答えていきます。

質問事項は以下の内容です。

【プロフィール】

・性別        ・生年月日
・お住まいの都道府県 ・最も得意な言語
・最終学歴      ・学校名
・学部        ・卒業年
・6ヶ月以上離職経験があるか、ないか
・経験社数

 

【職務経歴】

・現在の在職状況  ・入社年月
・退職年月     ・直近の勤務先名
・業種       ・従業員数
・雇用形態     ・年収
・役職

 

【実務経験】

・直近の職種と経験年数
・担当顧客規模(社員数)
・担当顧客業界
・外資系企業の担当の有無
・経験業務
・マネジメント経験年数
・マネジメント経験人数

 

【語学・資格】

・英語力      ・Excelスキル
・自動車免許の有無 ・保有資格

 

診断はこれでOKです。

実際にやってみると、かなりカンタンなので2分程度でできます。

 

結果はこんな感じで出ます。

MIIDAS適性結果

とりあえずこの画面で分かるのは、

選考条件に合致した企業数

想定オファー年収

更に、MIIDASに参画している企業の中から、

面接が確約しているオファー数まで分かります。

下にスクロースしていくと、年収別・業種別・職種別の年収データや企業数も分かります。

 

この流れで無料登録を済ませ、実際にオファーを待って検討してみましょう。

登録後に、早速オファーが届くこともあります。

そのまま無料登録を行うことで、最初に解説した、

年収データ

転職実績データ(ビフォー&アフター)

ミイダス適性チェック

をいつでも閲覧・診断することができます。

ちなみにMIIDASでのスカウトは100%面接確約なので、他の転職サイトとはスカウトの待遇がひと味違います…

MIIDASの詳しい解説はこちら
 >MIIDAS 記事一覧

 

 

診断結果からどのように判断する?

MIIDASだけでも十分なデータを得ることができますが、同じパーソルキャリアが運営している有名転職サイトdodaでも、4種の適性診断を利用することができます。

 

MIIDASは無料で利用でき、短い時間ですぐ診断できるので、転職に迷ったらまずはここでしょう。

通勤電車の中でもサクッとできます。

ここの年収データや他の方の転職実績を参考にして、あなたが今転職すべきか、しないべきを検討してみてください。

 

例えば…

20代だと市場価値は低いかもしれませんが、ポテンシャル採用の可能性が高いです。

もしオファー企業数が多く、期待できそうであれば、MIIDASからオファーを待って実際の価値を確認してみると良いでしょう。

 

一方、30,40代になってくると、他の人と市場価値の差が目立ってきます。

20代とは違い、キャリアが豊富になってくるためです。

こういったミドルキャリアに関しては、市場価値が低いとキャリアを活かした転職は難しいです。

そのため、現状と診断結果を比較してみて、市場価値が低いと感じるのであれば転職はお勧めできません。

現状より良い結果が出ているのであれば、MIIDASからオファーを待ってみて、実際の企業の反応を伺ってみましょう。

 

実際に登録してみた感じは…

また、登録しておくだけでもオファーが届くので、今すぐの転職でなくても情報収集に役立ちます。

私は1年半くらい利用していますが、今まで届いたオファーはなんと80件(大した経歴はございません…)

職務経歴書のリクエストが6件、興味を持ってくれている企業も33社あります。

MIIDASオファー数

オファーが多いと=市場価値が高いということです。

逆に少ないと価値は低いのかもしれません。

スパム的にオファーが届くようなサイトではないので、利用価値は高いように感じています。

ぜひお試しください。

 

MIIDASの無料市場価値診断はこちらから

MIIDAS(ミイダス)

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク