Pocket
LINEで送る

求人分析

【公式】マイナビ会計士

マイナビ会計士は、会計士の転職を専門にサポートしている転職エージェントです。

会計士が活躍できる全職種に対応しており、、およそ450件の公開求人があります。

求人の8割が非公開求人のため、公開・非公開を合わせると2,300件ほどの求人を保有していると予想されます。

職種別求人については、以下の特徴があります。

■コンサルティングファームが一番多い

■続いて事務所系⇒監査法人の順に多い

■事業会社は少ない傾向

 

 




スポンサードリンク


職種別の求人

 

職種公開求人数
会計事務所・税理士法人132
監査法人90
コンサルティングファーム221
事業会社38

(2017年3月の求人集計 求人数は常に変動しますのであくまで参考にしてください。)

 

マイナビ会計士・職種別求人数

グラフ 求人割合(職種別)

 

チェックポイントコンサルティングファームが一番多い

マイナビ会計士の中で、最も公開求人が多い職種はコンサルティングファームです。

公開求人数はおよそ220件あり、全体の半分近くを占めています。

コンサルティングファームは外資の傾向が強く、公開求人のエリアは主に主要都市部ですが、比較的全国に対応している感じです。

また、中には未経験でも応募できる求人や、海外勤務のグローバル求人など、多種多様な求人がそろっています。

チェックポイント続いて事務所系⇒監査法人の順に多い

コンサルティングファームの次に多いのは、会計事務所・税理士法人です。

公開求人数はおよそ130件あり、全体の3割近くを占めています。

この分野は、主要都市部だけでなく地方のエリアでも募集が多い傾向にあります。

 

続いて多いのが監査法人です。

公開求人数はおよそ90件あります。

監査法人では、ほとんどが東京・大阪・愛知といった都市部の募集です。

 

チェックポイント事業会社は少ない傾向

マイナビ会計士の中で最も公開求人が少ない職種は、事業会社です。

求人数はおよそ40件ほどありますが、マイナビ会計士が取り扱う分野の中では少ない傾向にあるようです。

 


 

このように、マイナビ会計士の職種別公開求人の特徴として、

■コンサルティングファームが一番多い

■続いて事務所系⇒監査法人の順に多い

■事業会社は少ない傾向

といった特徴があります。

 

以上、マイナビ会計士の職種別求人でした。

 

より詳しい求人情報は公式サイトへ

転職支援サービスは完全無料

【公式サイト】

マイナビ会計士

 

 

 



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク