Pocket
LINEで送る

求人分析

【公式】マイナビ会計士

マイナビ会計士は、会計士の転職を専門にサポートしている転職エージェントです。

公開求人はおよそ450件ですが、求人の8割が非公開求人のため、公開・非公開を合わせると2,300件ほどの求人を保有していると予想されます。

求人の中には「会計士」の資格を応募の条件としているところもあります。

保有資格別の求人については、以下のポイントがあります。

■公認会計士・試験合格者・米国公認会計士に分類されている。

■各資格とも求人が豊富でバランスが良い

■中でも「公認会計士」が一番多い

■資格を重視しない求人もある

 

 




スポンサードリンク


保有資格別の求人

保有資格公開求人数
公認会計士250
公認会計士試験合格190
USCPA(米国公認会計士)161
資格問わない180

(2017年3月の求人集計 求人数は常に変動しますのであくまで参考にしてください。)

 

マイナビ会計士・保有資格別求人数

 グラフ 求人割合(保有資格別)

 

マイナビ会計士の求人では、保有資格を3つに分類しています。

・公認会計士
・公認会計士試験合格者
・USCPA(米国公認会計士)

 

チェックポイント各資格とも求人が豊富でバランスが良い

公開求人を保有資格別で見てみると、グラフのように非常に求人のバランスが良いです。

全ての資格において、およそ160件から最大で250件の公開求人があります。

 

チェックポイント中でも「公認会計士」が一番多い

保有資格別の中で、最も公開求人多い資格は、公認会計士です。

公開求人数はおよそ250件あります。

試験に合格しただけでなく、会計士として登録している方が対象となります。

 

チェックポイント資格を重視しない求人もある

公開求人のおよそ6割は資格を求める求人ですが、残りの4割は資格不問のケースが多いようです。

求人数はおよそ180件あります。

資格が無い、これから勉強するorしている、といった方でも応募できる求人はあります。

私も「これから勉強する」という状況で税理士事務所に応募していましたが、いくつか面接に呼ばれたケースもあります。

とはいえ、全体の6割は資格を求める求人のため、資格重視の傾向ではあります。

 


 

このように、マイナビ会計士の保有資格別公開求人の特徴として、

■各資格とも求人が豊富でバランスが良い

■中でも「公認会計士」が一番多い

■資格を重視しない求人もある

といった特徴があります。

 

以上、マイナビ会計士の保有資格別求人でした。

 

より詳しい求人情報は公式サイトへ

転職支援サービスは完全無料

【公式サイト】

マイナビ会計士

 

 

 



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク