Pocket
LINEで送る

転職Q&A

 

Q-2 海外勤務の求人情報はどこで入手するの?

 

Answer

海外勤務といったグローバル転職の場合でも、基本的には通常の求人を探す方法と大きな違いはありません。ただし、国内と比べて情報が少なくなるので、“どこのサービスから探す”のか、という点が重要になります。海外求人を入手する方法は、主に以下の方法です。

転職サイト

ヘッドハンティングサービス

エージェント

転職サイトの場合は、大手総合系から探すのが良いでしょう。例えば、リクナビNEXTマイナビ転職DODAでは海外求人も掲載しています。リクナビやマイナビは50~80件ですが、DODAであればおよそ200件の海外求人を掲載しています。

ヘッドハンティングサービスもかなり豊富です。BIZREACHではなんと海外求人がおよそ1,200件です。ハイクラス転職に特化しているCAREERCARVERでも900件程掲載しています。ヘッドハンターと相談しながら検討できるので、転職サイトより効果的かもしれません。

そして転職エージェントの利用です。どこでも良いというわけではなく、例えば外資系転職に強いJACリクルートメントや、総合系でもかなり多くの求人を保有しているリクルートエージェントなどがオススメです。以下は公開求人から海外求人を抽出した数です。

【公開求人の中で海外勤務の求人数】

・リクルートエージェント およそ500件
・JACリクルートメント  およそ300件
・パソナキャリア     およそ280件
・type転職エージェント   およそ270件
・マイナビエージェント  およそ230件

非公開求人を含めると更に求人数は大きく変わりますが、参考にしてみてください。

その他では、以下の方法でも海外求人を見つけることができます。

希望する地域で活動している団体からの情報

大使館や総領事館の現地新聞など

一方、ハローワークや国内の新聞、雑誌などでは見つけにくいです。主に転職サイト、ヘッドハンティングサービス、エージェントを中心に探すと良いでしょう。

 

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の求人情報収集に関するQ&A

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク