転職Q&A

 

Q-3 応募する前に職場の雰囲気を知る方法は?

 

Answer

転職において、内部情報の収集は必要不可欠です。転職できても新しい職場に馴染むことができなければ、転職して良かったと感じるのは難しいでしょう。そこで、転職失敗を防ぐために職場の雰囲気を知る方法をいくつかご紹介します。

求人情報から読み取る

口コミサイトをチェックする

エージェントから聞く

実際に行ってみる

直接電話してみる

公式サイトでチェックする

 

求人票から読み取る場合は、単に職種、勤務時間、福利厚生、給与などが記載されているだけでは読み取ることはできませんが、職場の雰囲気が分かるコメントや写真を掲載しているところもあります。例えば、大手転職サイトであればある程度の内部情報が掲載されるようになってきています。その際、企業の担当者からのコメントなのか、それとも取材した人からのコメントなのかもチェックしておくと良いでしょう。

口コミサイトの活用も効果的です。求人票では良いことしか書いてない…職場の雰囲気が分からない…そういった場合は有名口コミサイトをチェックしてみましょう。「転職会議」「キャリコネ」であれば、かなり多くの企業の口コミが掲載されています。コメントは実際に働いている人、働いていた人が直接書き込んでいるため、良い面も悪い面も見えてくるでしょう。ただし、誰でも記載できる分やや信憑性に欠けるところもあるので、全てを鵜呑みにするのはNGです。

第三者となるエージェントからの意見にも注目です。実際に企業取材や訪問を行っているため、口コミサイトより信憑性は高いです。職場の雰囲気はもちろん、その他の詳しい情報も入手できるので個人的にはこの方法が最もオススメです。

もし可能であれば、実際に見に行くという方法もあります。さすがにオフィス内に入るのは無理なので、出社・退社時間を狙ってどのような人が働いているのかをチェックすることができます。また、お客として店舗や営業所に入ることができるのであれば、一度入ってみて実際にサービスを受けてみるのもおススメです。店舗であればそこが職場になるので…。私も気になる企業に関しては、この方法を取り入れていました。

少し勇気がいる行動ですが、直接採用担当者に電話して聞く方法もあります。目で見て確認することはできませんが、「現在求人の応募は受け付けてくれるか?」という意図で電話して、採用担当者の対応について好感を持てるかチェックすることができます。

 

このように、社内の雰囲気を探る方法はいくつかあります。自分の目で見て確認するのは難しいですが、公式サイトでも社内の雰囲気を公開している場合があるので、ご紹介した方法を参考にして気になる企業の情報を入手してみてください。

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の求人情報収集に関するQ&A

 

スポンサードリンク