Pocket
LINEで送る

求人分析

【公式】リクルートエージェント

 

リクルートエージェントでは経験やスキル別に求人検索することができます。

そのため、より適性にあった求人を探すことができます。

経験・スキル別求人については、以下のポイントがあります。

■スキル検索はリクルート独自のサービス

■IT系のスキルは圧倒的なニーズがある

■言語・技術系・建築系のスキルも目立つ

 

 




スポンサードリンク


経験・スキル別の求人

チェックポイント『活かせるスキル』はリクルート独自のシステム

リクルートエージェントの求人検索では、これまで経験してきたスキルや資格を設定することができ、それにマッチする求人に的を絞って検索することができます。

実は、この機能は転職サイト「リクナビNEXT」にもあり、これまでの経験を活かせる求人に絞り込んで検索できるシステムがあります。

『活かせるスキル』の求人は、リクルート独自の検索システムです。

 

WEBで閲覧できる求人票には、企業側が求めているスキルが設定されています。

当然、全ての求人に「活かせるスキル」が設定されているわけではありません。

求人検索の際に、「スキル」を設定することで、企業との高いマッチングができるようになっています。

 

チェックポイント経験・スキルを活かす求人数

リクルートエージェンの求人の中でも、特定の経験やスキルを求めている求人は、およそ72,000件あります。

活かせるスキル求人数
言語12,093
金融・経理・会計4,658
法務・総務・品質管理2,162
教育146
食品・販売・サービス160
不動産1,974
IT・システム開発31,508
工業・機械・技術9,089
建築・土木・環境・安全管理8,251
医療・福祉・衛生1,376
車両・免許367

(※2016年12月調査件数 求人数は常に変動致しますので、あくまで目安にしてください)

 

リクルートエージェント経験・スキル別求人数

グラフ 求人割合(スキル別)

 

チェックポイント『IT・システム開発』に関するスキルは圧倒的なニーズ

圧倒的に多いスキルは、IT・システム開発に関連するスキルです。

この分野のスキルを求めている求人数は、およそ30,000件以上もあります。

職種・業種別求人数の記事でも解説しましたが、IT業界や、それ関連する職種の求人が非常に多い傾向にあります。

スキルもこれに連動しており、ITやシステム開発のスキルを求める求人が目立っています。

比較的求人が多いスキルは以下のようなものです。

・「C・C++・JAVA」といった言語・フレームワーク
・「Unix」 「Linux」 「Windows」といったOS
・「運用・保守・監視(アプリ・インフラ)」の業務経験

 

チェックポイント言語スキルは英語が大半

言語スキルを求めている求人は、およそ12,000件あり、二番目にニーズがあるスキルです。

語学力があれば、選考で自己PRできることはもちろん、仕事をする上で様々な業界から必要とされています。

 

具体的な言語は、英語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語・タイ語・インドネシア語・ベトナム語・中国語、そして日本語もあります。

中でも、英語は国際言語であるため、10,000件以上の求人があります。

英語のスキルがあると、求人の幅がかなり広くなります。

 

また、他の言語は100件以下がほとんどですが、「中国語」に関してはおよそ500件あります。

 

チェックポイント技術系スキルや建築・安全管理のニーズも高い

工業・機械・技術建築・土木・環境・安全管理に関するスキルを求めている求人も多く、およそ10,000件近くの求人があります。

 

工業・機械・技術に関するスキルは、大半が業務経験です。

CAD・設計・加工・解析・駆動・可動機構、制御といった業務経験があれば有利になります。

 

建築・土木・環境・安全管理に関するスキルでは、大半が資格です。

特に建築と土木に関する資格を求めている求人が多く、建築士・測量士、建築施行管理技士、電気工事士などの資格が求められています。

 


 

やはり職種や業種の求人数が影響しており、それに関連するスキルが多い傾向にあります。

ニーズが高いスキルは以下のとおりです。

■IT関連

■言語(特に英語)

■技術系の業務経験

■建築土木の資格

以上、リクルートエージェントの経験・スキル別求人でした。

 

より詳しい求人情報は公式サイトへ

転職支援サービスは完全無料

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク