転職Q&A

 

Q-43 キャリアの棚卸とは??何をすれば良いのか…

 

Answer

転職活動を始めるにあたって、「キャリアの棚卸」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

キャリアの棚卸とは何をすれば良いのか…端的に言うと、これまでやってきたすべての仕事について書き出して整理することです。

キャリアの棚卸をベースにして履歴書や職務経歴書を作成します。

転職においては、これまでの経験から応募する希望にマッチするスキルをアピールすることが大切ですが、人間は記憶が薄れていくもの…過去のことを詳しくすぐに思い出せるわけではありません。

直近の仕事内容や成果については鮮明に覚えているものの、数年前の仕事内容については時間をかけてじっくりと思い出す時間が必要です。

そこでキャリアの棚卸です。

これまでやってきた仕事内容を紙に書き出します。

時系列に整理すると良いですね。

期間はキャリアが長い方だと年ごとに整理、短い方だと数ヶ月に区切って整理しましょう。

また、役職や仕事内容、実績や評価などに区分して書くと分かりやすいです。

更にそのときの仕事の満足度や感じていたことも思い出せれば次の転職の希望条件につながることもあります。

携わってきた経験をすべて書き出すことで、転職希望先の企業とマッチできる内容を見いだすことができるわけです。

意外と忘れていた経験が役立つこともあるので、転職活動の際は必ずキャリアの棚卸を行いましょう。

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の転職検討・準備に関するQ&A

 

スポンサードリンク