転職Q&A

 

Q-26 人間関係の悪化が原因で退社した場合の転職理由は、そのまま伝えて大丈夫?

 

Answer

ポジディブに置き換えるのがポイント

 

人間関係の悪化を、応募企業の面接官に理解してもらうことは到底無理です。

一方の意見しか聞いてないので判断できませんし、それを理由に転職したとストレートに伝えてしまうと、「またウチでもトラブルを起こすのではないか…」と悪い印象を与えてしまいます。

特に相手を一方的に悪く言うのは超NGで、自分にも反省点があることを分かっていない…とマイナス評価に繋がるのは必須でしょう。

ですので、人間関係の悪化が原因の場合、そのことにはあえて触れないのが得策です。

「人間関係悪化=今後のキャリアアップがその企業では困難」と捉え。新しい環境でチャレンジしたい気持ちや、将来的なキャリアアップのための転職であることと、置き換えるのが良いでしょう。

面接ではどこでも前向きな姿勢が重要です。

「人間関係が悪くて話す機会もない…」ではなく、「チームワークを重視して、同じ目標に向かってみんなで達成できる職場で働きたい!」と言い換えたりするなど、前向きになるように工夫してみましょう。

 

また、どうしてもポジティブに置き換えることができないのであれば、応募理由をもとに考えるのも方法の一つです。

「以前からこの仕事が夢だった」※もちろん現実を理解しているうえで

「御社の〇製品に関心があり、この機会に転職を決意した」

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の面接に関するQ&A

 

スポンサードリンク