転職Q&A

 

Q-24 面接で知っておくべき最低限の敬語は?

 

Answer

謙譲語と尊敬語の基本は最低限チェックしましょう。

敬語は2種類あります。

自分に対してへりくだるときに使う「謙譲語」、相手を敬うときに使う「尊敬語」です。

これらそれぞれの基本的な使い方を確認しておくと良いでしょう。

また、確認するだけでなく、面接までに声に出して練習しておくことをオススメします。

謙譲語の基本

「する」⇒「いたします」
「見る」⇒「拝見する」
「言う」⇒「申します」
「行く」⇒「伺います」「参る」

尊敬語の基本

「する」⇒「なさる」
「見る」⇒「ご覧になる」
「言う」⇒「おっしゃる」
「来る」⇒「いらっしゃる」

 

上記の使い方は最低限チェックしておくべきでしょう。

また、勤務企業関連もよく使うので注意が必要です。

在職中の場合、企業は「弊社」、人の場合は「上司」「部下」

退職中の場合は「あちら(こちら)の会社」

書類で応募先企業を言う場合は「貴社」ですが、面接では「御社」です。

 

あまり意識し過ぎると不自然になりますが、社会人として基本的な謙譲語と尊敬語は使えるようにしておきましょう。

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の面接に関するQ&A

 

スポンサードリンク