Pocket
LINEで送る

求人分析

【公式】リクルートエージェント

 

リクルートエージェントでは、公開求人30,000件・非公開130,000件の求人があります。

全職種に対応しているため、希望職種を問わずに利用できる総合的な転職エージェントです。

職種別求人については、以下の特徴があります。

■どの職種も求人が非常に多い

■中でも営業・販売関連が一番多い

■エンジニア職も目立つ

■金融専門職は少ない

 

 




スポンサードリンク


職種別の求人

職種求人数  (公開+非公開)
営業・販売・セールス42,427
経営・企画・マーケティング8,466
管理・事務9,635
物流・購買・貿易・店舗開発4,447
コンサルタント13,978
金融専門職1,115
不動産専門職2,174
クリエイティブ11,824
SE・ITエンジニア39,607
エンジニア(設計・生技・品管)24,396
建築・土木・設備11,440
医療・医薬・化粧品3,003
その他職種(教育・調理師・農林水産等)3,323

(※2016年12月調査件数 求人数は常に変動致しますので、あくまで目安にしてください)

 

リクルートエージェント職種別求人数

グラフ 求人割合(職種別)

 

チェックポイント各分野の求人数が非常に多い

まず、リクルートエージェントの最大の特徴として、どの分野の職種もかなり多くの求人があります。

一番少ない分野の職種でも、最低1,000件以上あります。

当然、職種によって求人数の差はありますが、全職種においてここまで求人が多い転職エージェントは、国内でもほんの僅かです。

希望職種を問わずに多くの求人紹介が可能なため、転職活動においては、ぜひリクルートエージェントを利用すべきだと思います。

 

チェックポイント営業・販売関連の職種が一番多い

リクルートエージェントの求人の中で、一番求人が多い職種は、営業・販売・セールスに分類されている職種です。

求人数はおよそ42,000件あり、全体の1/4を占めています。

 

こういったいわゆる現場職に関しては、業界を問わずにどの企業でも必要な職種です。

そのため、ニーズが非常に高く、今後も需要が高い職種です。

 

「営業・販売・セールス」の中でも、以下の職種はおよそ2,000~3,000件の求人があり、目立って多い職種です。

・販売職
・カウンターセールス
・消費財、コンシューマー向け製品営業
・IT、ネット関連営業
・住宅、不動産営業

 

チェックポイントエンジニア職に強い

SE・ITエンジニアエンジニア(設計・生産技術・品質管理)といった職種の求人数も目立ちます。

 

SE・ITエンジニアは、およそ40,000件の求人があり、「営業や販売職」に近い求人数となっています。

具体的な職種としては、システム開発・WEBエンジニア・プログラマー・制御設計・テクニカルサポート・セールスエンジニアといった職種が該当します。

中でも「アプリ系のエンジニア」や「サポートエンジニア、運用SE」の求人が多いです。

 

エンジニア(設計・生産技術・品質管理)は、およそ25,000件の求人があります。

具体的な職種としては、電気・機械・化学・食品などに関する、製品開発・研究・生産技術・品質管理などが該当します。

中でも、電気設計・回路設計・制御設計や機械系の製品開発・設計といった職種の求人が多いです。

 

このような「ものづくり」に関する職種は、近年転職市場で需要が高まっており、今後もニーズが高くなる職種です。

リクルートエージェントでは、エンジニア職が2つに分かれていますが、まとめて「エンジニア職」として考えた場合、エンジニア職を占める割合は非常に大きいです。

 

チェックポイント一番求人が少ないのは金融専門職

求人が一番少ない職種は、金融専門職です。

求人数はおよそ1,000件あり、全体の1%未満となっています。

具体的な職種として、ファンドマネージャー・アクチュアリー・投資関連業務・金融エコノミスト・アナリストなどが該当します。

高度な専門知識が必要な職種であり、リクルートエージェントだけに限らず、他社でもこの分野の求人は少ない傾向にあります。

銀行などに就職するケースが多く、あまりこういった人材系サービスには求人が出てきません。

転職市場で少ない傾向にある中でも、リクルートエージェントではおよそ1,000件もの求人を保有しています。

 


 

このように、リクルートエージェントの職種の特徴として、

■全職種の求人が豊富

■中でも、営業職・販売職・エンジニア職に強い

■金融専門職は少ないが、他社より求人は多い

といった特徴があります。

職種によって求人割合の偏りはありますが、求人が非常に多いため、どのような職種を希望している場合でも対応できるエージェントと言えます。

以上、リクルートエージェントの職種別求人でした。

 

より詳しい求人情報は公式サイトへ

転職支援サービスは完全無料

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク