求人検索

【公式】リクナビNEXT

 

リクナビNEXTの求人検索では、細かい条件の設定が可能で希望に合った求人を探しやすいようになっています。

また、「登録条件」の機能を使えば、自分だけの検索条件を保存することもできます。

求人検索については、以下のようなポイントがあります。

■職種・業種・会社規模など、かなり細かい条件設定ができる

■自分のスキルや経験に基づいた求人検索ができる

■「転勤なし」の条件項目が無いのが弱点

■登録条件の機能を活用し、効率よく求人をチェック

 

 




スポンサードリンク


求人検索について

チェックポイント求人検索の流れ

求人を検索するには、トップ画面のメニューにある「求人を見つける」をクリックします。

%e6%b1%82%e4%ba%ba%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%91

すると、すぐ下に、「職種から探す」、「キーワードから探す」、「勤務地から探す」といった、簡単検索の画面が表示されます。

おすすめの検索方法としては、検索画面の一番右上の「詳細検索」です。

%e6%b1%82%e4%ba%ba%e6%a4%9c%e7%b4%a2%ef%bc%92

これをクリックすると、詳しい条件の設定ができる画面に移りますので、「詳細検索」での求人検索がオススメです。

 

チェックポイント条件項目

検索条件 項目一覧

検索項目詳細
職種57項目の主要職種から更に細かく分類したものまで選択可能
業種12項目の主要業種から更に細かく分類したものまで選択可能
勤務地都道府県別で選択でき、比較的大きなエリアは更に分類されている。
雇用形態正社員 / 契約社員 / 派遣社員 / アルバイト / FC / 業務委託
年収~300万 / 301万~500万 / 501万~700万 / 701万~1,000万 / 1,001万~  選択可能
従業員数~10人 / 11~100人 / 101人~1,000人 / 1,001人~ 選択可能
設立~1年 / 2~10年 / 11年~ 選択可能
経験・スキル9項目の主要な職種、業種、スキルから更に細かく分類した項目を選択し、マッチした求人を検索できる。
新着・更新チェックすることで新着と更新の求人を絞り込める
未経験者歓迎チェックすることで未経験者が応募可能な求人を絞り込める
キーワード検索

 

こだわり条件 項目一覧

急募!内定まで2週間採用予定数10名以上
採用予定数10名以上育児支援制度あり
第二新卒歓迎社会人経験10年以上歓迎
語学を活かす応募者全員と面接
学歴不問フリーターから正社員を目指す
服装自由フレックス勤務
中途入社50%以上年間休日120日以上
株式公開企業外資系企業
2年連続売上10%以上UPストックオプションあり

 

リクナビNEXTの検索機能の特徴としては、

・自分の経験やスキルを入力でき、それに基づいた検索が可能

・業界、職種がの選択が、かなり細かい分野まで設定可能

・「従業員数」や「設立」の設定ができ、企業規模を絞り込める

 

「こだわり条件」の項目も、詳しい内容の条件まで設定ができるようになっています。

 

チェックポイント検索機能の弱点

勤務地を限定して検索したい方にとって重要な「転勤なし」という条件項目がありません。

各企業の求人票に記載されていることもありますが、一つひとつ見ていくのは少し面倒です。

方法としては、「キーワード検索」に「転勤」や「転勤なし」というワードを入力して検索するのも手段の一つです。

求人票の記載は様々ですので、全ての「転勤なし」の求人にヒットするわけでは無さそうですが、この方法を使えばある程度絞り込むことができます。

 

チェックポイント「登録条件」の設定

自分の好きな検索条件を自由に設定できる、「登録条件」の活用がオススメです。

自分の希望条件を保存しておくことができるので、わざわざサイトを訪れる度に条件を入力する手間が省けます。

特にリクナビNEXTは求人数が非常に多いため、求人検索の効率を良くするためにも、必ず設定しておきましょう。

 

設定方法

マイページをクリックし、「登録・設定情報」から設定できます。

登録条件にマッチした新着求人をメルマガで知らせてくれる設定も可能です。

登録条件は最大で5つ登録が可能です。

ちなみに、私は「興味のある業界や職種」「希望している勤務地」「キーワード設定」などで5つ全て登録しており、新着の検索が非常にスムーズになりました。

 

チェックポイント注意点

注意点

検索条件を設定する際は、「新着・更新」には必ずチェックを入れておき、更新日には新しいものだけ表示するようにしましょう。

これをしておかないと、新着以外の全ての求人も表示されてしまうので、見るのが大変です。

 

およそ1週間前の求人までが新着として表示されます。

 


 

自分にあった条件を設定し、効率よく新着の求人チェックを行いましょう。

細かい条件項目がありますので、大体の希望条件に対応できるかと思います。

もし無い場合は、「キーワード」に入力することである程度絞り込めます。

 

以上、リクナビNEXTの求人検索でした。

 

最新の求人情報は公式サイトへ

登録・利用は完全無料

 

 

 

スポンサードリンク