求人分析

【公式】リクナビNEXT

 

リクナビNEXTでは全国各地に多くの求人があり、その数はおよそ8,300件以上になります。

その中で様々な職種の求人があり、全職種に対応しているため、希望職種を問わずに利用できる総合型の転職サイトです。

リクナビNEXTの職種別求人については、以下のような特徴があります。

■営業職・店舗系販売・サービス職の求人が非常に多い

■近年ニーズの高いIT系や技術系の職種も目立つ

■医療技術専門職の求人は少ない

 

 




スポンサードリンク


職種別の求人

職種求人数
営業・事務・企画系4,400
サービス・販売・運輸系1,702
クリエイティブ系(広告、ゲーム、インターネット、ファッション等)738
専門職(コンサルタント、金融、不動産)606
ITエンジニア(システム開発、インフラ等)1,193
電気・電子・機械技術者1,145
素材・食品・医療品技術者・福祉383
建築・土木技術者864
講師・公務員・技能工・その他774

(※2016年9月調査件数 求人数は常に変動致しますので、あくまで目安にしてください)

 

リクナビNEXTの職種別求人数

グラフ 求人割合(職種別)

チェックポイント営業・事務・企画系の職種が一番多い

リクナビNEXTの中で、一番多い職種は営業・事務・企画に分類されている職種です。

求人数は4,400件と圧倒的に多く、求人全体の37%も占めています。

具体的な職種としては、営業職・カスタマーサポート・商品、営業企画・マーケティング・物流・経営企画・経理・会計・総務・人事・法務・広報・一般事務・受付・秘書・ハイクラス管理職など、細かく分類されています。

中でも圧倒的に多いのが、営業職です。

営業職に分類されている求人数は、およそ2,500件あり、この分野の大部分を占めています。

 

続いて一般事務アシスタントに分類する職種がおよそ800件

企画系の職種・経理・人事・総務・広報といった職種がおよそ500件という順番で多いです。

 

逆に少ないのが、経営企画ハイクラスの管理職です。

CEOや役職の高い管理職はこの中でも少ない傾向にあります。

当然ポジションも限られているため、採用枠も1人というケースがほとんどです。

 

この「営業・事務・企画」の職種については、おおよそどの企業にも必要不可欠な職種になるため、多くの企業からのニーズが高い分野です。

ですので、求人も非常に多くあり、他社の求人サイトでも同じような傾向にあります。

 

チェックポイントサービス・販売・運輸系の職種にも強い

次に多いのがサービス・販売・運輸に分類される職種です。

求人数はおよそ1,700件あり、全体の15%ほど占めています。

具体的な職種は、店舗系の販売職・店長・ホール・調理師・美容関連職・旅行やホテル、ブライダル、運輸(ドライバー・配達等)、警備、清掃といった職種が該当します。

 

中でも圧倒的に多い職種が、店舗系の販売職・店長・ホールスタッフ・調理師の職種です。

求人数は、およそ1,000件あり、大部分を占めています。

このような職種は、勤務地の選択多く、全国各地に店舗があったり、主要都市部以外でもニーズがある職種ですので、全国規模で募集が集まる傾向にあります。

 

チェックポイントITやものづくり関連の職種も目立つ

近年、転職市場でニーズが高まってきているITエンジニア電気、電子、機械技術系の職種も、1,100件を超える多くの求人があります。

ITエンジニアは、システムコンサル、システム開発、ネットワーク設計、社内SEなど、専門的な知識が必要な職種になります。

IT・WEBの進化により、ますます人材の需要は高まってきていますが、専門性が高い職種になりますので、ニーズは高いが、応募者のスキルとマッチしない特性もあります。

 

電気・電子・機械の具体的な職種は、回路設計、設計全般、生産技術、品質管理、セールスエンジニアなどの職種になります。

こちらもITやWEBの進化により、比例して需要が伸びている職種であると同時に、いわゆる「ものづくり」の分野になり、近年ニーズが高まってきている分野です。

今後も需要が高まる予想なので、チャンスが多い職種です。

 

チェックポイント求人割合が少ない職種

逆に、求人の割合が少ない職種は、素材・食品・医療品技術者・福祉に関連する職種です。

求人数はおよそ400件で、全体の3%ほどに値します。

求人が少ない理由の一つとして、高度な知識と技術が必要になるからです。

具体的な職種は、研究員、薬事関連、医師、歯科医師、看護師、介護士、理学療法士など、知識と技術が必要な職種になります。

そのため、総合系転職サイトでは求人が少ない傾向にあり、専門の求人サイトや人材紹介会社、または専門学校等の紹介から入職、入社するケースが多いです。

 


 

このような理由から、リクナビNEXTの職種の特徴を改めてまとめると、

・営業職・店舗系販売・サービス職の求人が非常に多い

・近年ニーズが高いITや技術系の職種も目立つ

・医療技術専門職の求人は少ない

このような傾向があると言えます。

 

以上、リクナビNEXTの職種別求人でした。

 

最新の求人情報は公式サイトへ

登録・利用は完全無料

 

 

 

スポンサードリンク