転職Q&A

 

Q-19 なぜ面接では退職理由を必ず聞かれるのか?

 

Answer

昔と比べ、現代では転職することは珍しいことではありませんが、最大の目的は「同じような理由で辞めないか…」ということを確認したいからです。

企業側にとっても、せっかく見極めて採用した人材が、すぐに辞められても困るのは当然です。

できるだけ長く働いてもらいたいので、退職に至ったきっかけを聞いてきます。

例えば、前職の勤務期間が短い場合は、飽き性なのか…協調性に問題があるのか…など、どうしても心配されてしまいます。

そこで前職を辞めた理由を聞くのは当然の流れです。

また、心配事がなさそうな人が退職した場合も何があったのだろうか…と思うでしょう。

つまり、いかなる場合であっても絶対に面接では「退職理由」を聞かれます。

これがポジティブで前向き、更に将来性を見据えた理由であることが重要です。

退職理由は単体だけでなく、志望動機、自己PR、今後やりたいことなど、その他の質問事項に大きく影響する「軸」となるところです。

面接で聞かれるから考えるのではなく、転職するのであれば「退職理由」はハッキリさせておきましょう。

 

 

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の面接に関するQ&A

 

スポンサードリンク