求人分析

【公式】保育ひろば

 

保育ひろばは、保育士の転職を専門にサポートしている転職エージェントです。

様々な雇用形態の求人があり、業界特有の正職員や非常勤といった求人が多数掲載されています。

勤務形態別求人については、以下のような特徴があります。

■多様な勤務形態の求人が、バランスよくある

■正職員が一番多く、パート(非常勤)の求人も目立つ

■派遣もある

■単発・期間限定は、求人数は少ないが常時求人がある

 

 




スポンサードリンク


勤務形態別の求人

勤務形態求人数
正職員5,648
パート4,445
派遣1,999
単発・期間限定174

(2017年3月の求人集計 求人数は常に変動しますのであくまで参考にしてください。)

 

保育ひろば・勤務形態別求人数

グラフ 求人割合(勤務形態別)

 

チェックポイント多様な勤務形態の求人がバランスよくある

『保育ひろば』では、勤務形態を4つに分類しています。

・正職員
・パート
・派遣
・単発/期間限定

グラフで分かるように、単発の勤務形態を除けば、全体的に求人のバランスが非常に良いです。

多様な働き方に対応することができ、それぞれしっかりと求人がある点が特徴です。

 

チェックポイント正職員が一番多い

『保育ひろば』の中で、最も求人が多い勤務形態は正職員です。

求人数はおよそ5,600件あり、全体の46%を占めています。

ご存知かと思いますが、正職員とは一般的に言うと正社員の働き方です。

「転職支援」ですので、正規職員としてしっかりと働きたい、キャリアアップやスキルアップしたいという方向けの求人が多くあります。

 

チェックポイント非常勤も目立つ

正職員と大きな差が無いのが、パートです。

いわゆる非常勤の働き方で、求人数がおよそ4,500件、全体の36%を占めています。

医療業界や保育業界は、こうした非常勤の求人が多数あり、多様な働き方がある点がこの業界の特徴です。

当然ニーズは正職員より低くなりますが、パートの求人も豊富にあります。

 

チェックポイント単発・期間限定は少ないが…

求人が一番少ない勤務形態は、単発・期間限定です。

求人数はおよそ170件で、全体のわずか2%となっています。

この働き方は、一見求人が少ないように感じますが、比較的これぐらいの求人数を維持できます。

例えば、繁忙期やイベント時期だけ人材が欲しい場合などに募集がかかり、一年を通して様々な保育施設が繰り返し募集する流れが多いです。

そのため、正職員のように1人、2人採用して終了というのではなく、求人が常にループしている感じです。

少しの期間だけ勤務したい方はもちろん、様々な環境で経験を積みたい方にもおすすめの働き方です。

 


 

このように、勤務形態別求人の特徴として、

■多様な勤務形態の求人が、バランスよくある

■正職員が一番多く、パート(非常勤)の求人も目立つ

■派遣もある

■単発・期間限定は、求人数は少ないが常時求人がある

といった特徴があります。

以上、保育ひろばの勤務形態別求人でした。

 

より詳しい求人情報は公式サイトへ

転職支援サービスは完全無料

保育ひろば【公式】

 

 

 

スポンサードリンク