スカウトメールの再送

転職サイトのスカウトサービスを利用していると、たまに以下のようなメールが届きます。

先日お送りしたメールは読んでいただけましたか?

といった感じでスカウトメールが再送されてくることがあります。

一度目のスカウトメールは読まずに無視していても、二度目のスカウトとなると気になりませんか?

実際、二度目のスカウトメールを再送し、結果として応募して採用にいたったケースもあります。

“最初のスカウトは無視したが、スカウトが再送されてきて「ここは自分に興味を持ってくれている」と感じて応募した”

ということもあります。

 

私も正直二通目のスカウトとなると開いて読んでしまいます。

応募するかどうかは当然個人の判断ですが、やはりこの企業と縁があるのかなと、興味を持ってしまいます。

積極的に、自信を持って応募できるので、個人的にスカウトメールの再送は双方にとってメリットがあると思います。

 

 

ただ、二度目といっても注意すべきポイントがあります。

それは一度目のスカウトメールでも同じことですが、

きちんと匿名プロフィール情報の経歴などを見た上でスカウトメールを再送してきたか

という点です。

スカウトメールの中にはスパムのように数多くの求職者に送るところもあります。

まぁ数打てば当たるといった感じで、こういったメールの文言は以下の特徴があります。

「〇〇←登録ID 様の経歴を拝見し、興味を持ったのでこの度特別なスカウトを送りました!」的な…

具体的に経歴のどこに興味を持ったのか記載されておらず、まさにスパムスカウトの特徴です。

このあたりのポイントがきちんと明記されていない場合はプロフィール情報を見ずに送ってきている可能性があります。

恐らく、一度読めばすぐ分かります。

ハッキリ言って、こういったスカウトは全く心に響きませんし、応募しようとも思いません。

なので、スカウトメールが再送されてきても、自分のどの部分に興味を持ってくれているのか等、パーソナルな部分がきちんと明記されているのかを確認しましょう。

いずれにしても内定を保証するものではありませんが、結果的にきちんとプロフィール情報を見てくれている企業の方が採用率は高いのではないでしょうか。

 

もう一点、最低限譲れない希望条件を忘れないことです。

転職するために個々の目的、次の転職で実現したい条件があるはずです。

スカウトメールが再送されてくるとその企業に興味が沸くので、これだけは絶対という条件を曲げてしまう可能性もあります。

「内定がもらえれば…まぁ良いか…」

といった感じです。

100%そうとは限りませんが、次の転職で実現したい条件を無視して入社してしまうと、また同じことの繰り返しで転職に失敗する可能性があります。

こんなはずではなかった…では遅いので、いくら熱いメッセージのスカウトメールが再送されてきても、自分の転職する目的や重要な希望条件と照らし合わせるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク