Pocket
LINEで送る

転職サイトとは

転職活動で誰もが手軽に登録できるのが、“転職サイト”です。

無料で誰でも使えるので、転職エージェントと併用している方も多いはずです。

求人を探したり…応募したり…困ったら転職ノウハウを見たり…ある程度のサービス内容はご存知かと思います。

ここでは、転職サイトの基本的な情報から、エージェントとの違い、メリット、デメリット、更に最大限に活かすためのコツまで、実践的に役立つ情報を紹介しています。

転職サイトの役割をきちんと理解することで、転職成功に向けて本来の効果を発揮できます。

でははじめます。

 




スポンサードリンク


転職サイトとは

転職サイト

転職サイトとは、WEB上で求人情報や転職に関連する役立つ情報、ノウハウ等を提供しているサイトをいいます。

他にも、転職情報サイト、求人情報サイト、求人サイトとも呼ばれています。

新卒採用ではなく、主に中途採用を行う企業が求人を掲載しています。

無料で手軽に求人情報を手に入れることができるため、転職活動をする方の多くは利用しているサービスです。

 

企業ポイント主なサービス内容

転職サイトのサービス内容は、そのサイトの規模によって異なりますが、主に以下のサービスを無料で提供しています。

・中途採用向けの求人情報
・求人への応募
・応募後の企業とのやりとりができるサービス(メールサービスのようなもの)
・WEB履歴書、WEB職務経歴書の保存
・転職活動のノウハウ集
・適性診断
・転職Q&A
・スカウトサービス
・転職祝い金贈呈

 

企業ポイント転職サイトの登録費用

転職サイトは完全無料です。

上記のサービスを全て無料で利用することができます。

(応募したから、採用が決まったから、という理由で費用が発生するということもありません)

無料で利用できる理由は、求人を掲載している企業からの広告費で運営しているからです。

そのため、あなたが利用することでお金を払う必要はありません。

逆にその広告費の一部を、転職祝い金として贈呈してくれるサイトもあります。

 

転職エージェントとの違いは?

転職の不安や疑問

転職活動では、転職サイトと転職エージェントの2つを利用して転職先を見つけるのが一般的です。

では、転職サイトとエージェントの違いは具体的にどういったところなのでしょうか?

この違いをしっかりと確認しておくとことで、それぞれの役割が明確になります。

 転職エージェント転職サイト
費用登録・サポートは完全無料無料
手軽さ△面談など話し合いながら進めていく必要がある○自分のペースで進めていける
求人情報利用者限定の非公開求人もある
(競争率低い)
WEB上で閲覧できる求人のみだが、選択肢が多い
(競争率高い)
情報収集企業の詳しい内部情報まで教えてくれる公開情報のみ
ノウハウプロが動き方や市場情報を提供コンテンツ情報のみだが手軽に入手できる
応募手続き推薦状を加えて代行準備・作業は全て自分で行う
書類・面接対策プロから添削や模擬面接などのサポート自分で対策する
日程調整・条件交渉プロが代行自分で調整・交渉
アフターフォロー円満退社の方法や入社後までサポートが続くなし
内定率○プロが推薦するので高い△ライバルが多いためエージェントより低い

 

最大の違いは、「プロの担当者が付くか、付かないか」という点でしょう。

よくエージェントだけを推奨していたり、自分のペースで進めたい方はサイトの利用を推奨していたりしますが、正直それでは効率が非常に悪いです。

上記の表のように、それぞれの役割があり、強い部分も弱い部分もあります。

どちらかだけというのは何かを犠牲にしてしまいます。

それはかなり勿体無いです。

この2つのサービスを併用することで、それぞれのデメリットを解消し、万全の体制で転職活動を進めていくことが成功の鍵となります。

次は”転職サイト”のメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

 

転職サイト利用のメリット・デメリット

メリット・デメリット

企業ポイントメリット

幅広い職種、業界の求人をすべて閲覧できる(幅広い求人情報を入手)

転職のスピードが早い

複数の企業やエージェントからスカウトが届く

求人の選択肢が豊富

プロフィールや経歴などのデータを保存できる

自分のペースで進めていける

手軽にいつでも転職ノウハウを見返すことができる

 

最大のメリットは、「幅広い求人情報を手軽に探すことができる」という点でしょう。

また、エージェントを利用した方なら分かると思いますが、エージェントという”仲介役”を経由するので、転職までに時間がかかります。

その点、転職サイトであればやりとりは全て自分で行うので、転職先が決まるまでのスピードが明らかに早いです。

とにかく急いでいる方はサイトを中心に活動しても良いでしょう。

 

企業ポイントデメリット

とにかくライバルが多い

内部情報が分からない

書類添削や面接対策は自力でやることになる(プロのサポートなし)

無意味なスカウトが届くこともある

自分で調整、条件交渉をしていく必要がある

非公開求人が無い

 

大きなデメリットはなんといっても内定率でしょう。

転職サイトは、登録をすれば誰でも見て応募することができます。

エージェントであれば限られた方のみですが、転職サイトの場合は不特定多数です。

ライバルが非常に多いため、人気求人などは一気に倍率が上がる可能性もあります。

 

あとはスカウトサービスです。

企業やエージェントからスカウトが届きますが、たまにスパム的なスカウトもあります。

こういったスカウトは文章を読めば、誰にでも送っているということが一目で分かります。

そのため、スカウトに対して過度の期待は厳禁です。

きちんと自分に向けて送られてきたスカウトを中心に活用すると良いでしょう。

 

まぁ、こういったデメリットはありますが…

エージェントと比べてどうか…という点が中心ですので、エージェントを併用していたら気にしなくて良いでしょう。

 

上手く利用するための5つのポイント

複数登録はマスト!!

転職サイトは複数利用

転職サイトの利用は無料です…

そのため1つだけ利用するというのは、情報収集において大損をします。

転職サイトの中には、“独占求人”という、そのサイトにしかない求人を持っているところもあります。

なので、「Aサイトは大手だから、転職サイトはこれ1つでOK!!」では、応募できる規模が小さくなってしまいます。

極論から言うと、大手転職サイトは全て登録しておくほうが良いでしょう。

(※大体目安は5~10サイトくらいが良いでしょう。最低でも5つは登録しておきましょう。)

それに加え、自分の目指す業界や職種に特化した転職サイトを利用すると効果的です。

 

スカウトはキチンと選定する

転職サイトスカウト選別

自分に届くすべてのスカウトを鵜呑みにするのはNGです。

スカウトの中には、自動送信のようなスパム的なものもあります。

それは文章を読めば一目で分かります。

ハッキリ言って、そのようなスカウトは全く心に響かず、当然応募したいという意欲は沸きません。

これらのスカウトはとにかく多くの方に送っているので、通常の選考と何ら変わりがないでしょう。

それより、

“あなたのこういった経歴やスキルに興味を持ったので、ぜひ一度会ってみたい”

といった感じで、あなたのプロフィール情報をきちんと見てくれたことが記載されていた場合は、興味を持っても良いでしょう。

こういった信頼あるスカウトは、少なくとも前者より明らかに内定率が高いです。

「すべてのスカウトが、あなたのプロフィール情報を見てくれているわけではない」という認識が重要で、スカウトメールもしっかりと選定する必要があります。

 

転職サイトの更新日を覚えておく

転職サイト更新日

転職サイトの中には、毎週月曜、水曜といった感じで、求人の更新日が決まっているところもあります。

このように曜日が明確に決まっているところは、大手が多いです。

例えば、

リクナビNEXTは毎週水曜日金曜日です。

マイナビ転職は毎週火曜日金曜日です。

転職では“求人の鮮度”が大事で、いかに早く求人を見つけて早く応募できるか、という点が重要です。

人気求人などは応募が殺到すると早くに締め切ってしまうところもあります。

また、求人企業側も早くに応募してきてくれた方のほうが好印象かもしれません。

 

また、このリクナビNEXTとマイナビ転職で言うと、

火曜はマイナビ転職、水曜はリクナビNEXT、そして金曜日はマイナビ転職とリクナビNEXT…

 

金曜日は大手2つのサイトの新着求人をチェックしないといけないから、転職サイトを確認する時間を確保しよう…といった感じで、

更新日を把握しておけば、事前にスケジュールを組むことができるわけです。

 

また、随時更新のところもありますが、私の経験上、週1回のチェックで十分です。

こういったサイトは自分でチェックする曜日を決めてしまいましょう。

※他サイトの更新が少ない土曜、日曜にチェックしても良いと思います。

次に、転職サイトの新着求人をチェックする具体的なスケジュールを紹介します。

 

週間チェックスケジュールを立てる

転職サイトスケジュール

求人更新日を覚えておけば、転職サイトをチェックする週間スケジュールを組むことができます。

最新の求人をいち早くチェックするためにも、ぜひ実践してみてください。

これから紹介するのは、実際に私がやっていた新着求人チェックスケジュールです。

総合系転職サイトを中心に紹介します。

私が利用していた総合系転職サイトは以下の通りです。

(リクナビNEXT・マイナビ転職・DODA・enエン転職・はたらいく・MIIDAS・@typeを利用)

転職サイト求人更新日
リクナビNEXT毎週 水・金
マイナビ転職毎週 火・金
DODA毎週 月・木
enエン転職毎週 月・木
はたらいく毎週 月・木
MIIDAS(ミイダス)随時
@type毎週 火・金

続いて具体的な週間スケジュールです。

週間転職サイトスケジュール

 

上記のスケジュールで転職サイトをチェックすれば、最新の情報を早い段階で入手できるでしょう。

え!?忙しい!!と思ったあなた……

全然余裕です。

1つのサイトをチェックするのに大体10~15分程度です。

携帯やスマホでも確認できるので、通勤時間を利用すれば余裕でできます。

 

ただし、金曜日に関してはリクナビとマイナビが被るので、一番情報量が多く、確認に時間が掛かります。

次の土日は、基本的に更新が無いので、週末も利用してチェックすれば大丈夫です。

大手のみですが、求人を見逃してしまった、知らなかったという事態は、最低限防ぐことができます。

これに加え、希望の分野に特化した転職サイトを利用しても効果的です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

転職ノウハウや適性診断は利用する

対策

大手総合系転職サイトであれば、転職に役立つノウハウ適性診断といったサービスが充実しています。

手軽に入手できるので、使わない手はありません。

転職ノウハウは、リクナビNEXTやマイナビ転職がオススメです。

どちらも情報量がかなり多いので、困ったことがあればこの2つのサイトから解決方法を探しましょう。

適性診断はDODAやMIIDASが良いです。

DODAを運営しているパーソルキャリアは、統計データにかなり強いです。

データ信頼度も高く、複数の適性診断サービスがあるので、ぜひ利用してみてください。

 

おすすめの転職サイト紹介

転職サイト オススメ

転職サイトは大きく2種類に分類されます。

幅広い職種や業界の求人を取り扱う総合系転職サイト

特定の職種や業種に特化した専門系転職サイト

 

基本的には、総合系を利用して活動を進めていきますが、希望の分野の転職サイトがあれば同時に利用すると効果的です。

※総合系・専門系ともに、有名・大手サイトが良いです。

特に、以下の分野は専門系転職サイトが多数あります。

IT業界/アパレル業界/ハイクラス/外資系/医療業界

 

ではおすすめのサイトをいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

 ※ご紹介しているサイトは完全無料で利用できます。

 

総合系転職サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT

対応エリア全国47都道府県・海外エリア
総求人数約9,000件
職種総合(営業・オフィス系・サービスに強い)
業界総合(サービス・建築・不動産・ITに強い)

リクルート運営の超有名転職サイト
求人数豊富、スカウトサービス、充実した転職ノウハウ、エージェント併設もあり、年代問わずに利用できる

求人更新日は毎週水・金

 

マイナビ転職

マイナビ

対応エリア全国47都道府県・海外エリア
総求人数約8,000件
職種総合(営業・オフィス系・製造関連に強い)
業界総合(メーカー・サービス・IT・流通小売・不動産に強い)

リクナビNEXTと同時に利用すべきなのがマイナビ転職
独占求人がなんと82%!スカウトや求人豊富なのはもちろん、添削サービスなどエージェントのようなサポートも特徴的

求人更新日は毎週火・金

公式サイト

 

DODA

DODA転職

対応エリア全国・海外
求人数約150,000件
職種総合系(営業・技術・オフィスワークに強い)
業界総合系(メーカー・建設・ITに強い)

パーソルキャリア運営の総合系転職サイト
豊富な求人数だけでなく、統計データが強いの適性診断などのサービスも必見

求人更新日は毎週月・木

公式サイト
DODA

 

enエン転職

エン転職

対応エリア全国
求人数約4,000件
職種総合系(営業・オフィスワーク・技術に強い)
業界総合系(サービス・IT・不動産に強い)

エン・ジャパンが運営する大手転職サイト
地方エリアにも強く、リクナビやマイナビに掲載されていない独自の求人が豊富
また、内部情報に詳しいのも特徴

求人更新日は毎週月・木

公式サイト

 

はたらいく

はたらいく

対応エリア全国(地域密着型)
求人数約9,000件(毎週月・木更新)
職種総合系(物流・運輸・建築・営業に強い)
業界総合系

リクルートが運営している、地域密着型・地方エリアに強い転職サイト
中小企業も多数あるので、登録しておけば身近な企業の求人に出会うこともある

求人更新日は毎週月・木

 

MIIDAS

MIIDAS

対応エリア全国
求人数約3,000件(随時更新)
職種総合系(技術・営業・管理職に強い)
業界総合系(IT・サービス・建設に強い)

統計データに強いパーソルキャリアが運営
スカウトはすべてが面接確約のみ!
登録しておくだけでも面接に呼ばれる可能性がある
市場価値診断と同時に求人情報の収集としても活用できる

求人は随時更新

公式サイト
MIIDAS(ミイダス)

 

@type

アットtype

対応エリア全国・海外
求人数約2,000件(毎週火・金更新)
職種総合系(IT・WEBエンジニア・営業・サービスに強い)
業界総合系(IT・不動産・コンサルに強い)

IT・WEB業界やキャリアアップに強い総合系転職サイト
リクナビやマイナビのような”THE 総合系”に加えて登録しておくと、キャリアの幅が広がる

求人更新日は毎週火・金

 

専門系転職サイト

BIZREACH

ビズリーチ

ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイト
管理職や専門職に強い

対応エリア全国47都道府県・海外エリア
総求人数約52,000件(ヘッドハンター案件)
職種総合(IT・営業・オフィス・ハイクラスに強い)
業界総合(IT・メーカー・コンサルに強い)

公式サイト

 

LiBzCAREER

リブズキャリア

女性の特化した転職サイト

対象
全国 総合系(オフィス系・営業に強い)
求人
約2,500件
特徴
キャリア女性の転職サイト 厳選100企業や200人のコンサルタントからスカウトが届く 求人は随時更新
公式

 

Switch.

SwitchIT・WEB業界専門の転職サイト

対象
全国・海外 IT・WEB業界特化
求人
約1,500件
特徴
Facebookを活用した転職サイト 「あしあと」の機能で企業の興味度が分かる 随時更新
公式

 

その他の専門系転職サイトはこちらから
 >転職サイト 一覧・比較

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

転職活動において、転職エージェントや転職サイトを併用することは、転職成功へ大きく近づくことができます。

転職サイトの役割を理解しつつ、最新の求人チェックやスカウトサービスなどを上手く活用しましょう。

費用は一切かからす、無料で利用できるものばかりです。

できるだけ複数のサイトに登録し、エージェントだけでなく自らも求人を探してみましょう。

こちらで紹介した転職サイト一覧

総合系転職サイト

総合転職サイト特徴公式
リクナビNEXT
求人9,000件 独自求人87% 企業に適性診断を添付
マイナビ転職
求人8,000件 独占求人82% 手厚い転職サポート
DODA
求人15万件 統計データに強い 4種の適性診断
enエン転職
求人4,000件 地方エリアにも強い 独自の求人豊富
はたらいく
求人9,000件 地域密着型 ミドルキャリア未経験も豊富
MIIDAS
求人3,000件 市場価値診断 スカウトは面接確約のみ
@type
求人2,000件 IT・WEB業界に強い キャリアアップ向き

専門系転職サイト

専門転職サイト特徴公式
BIZREACH
求人52,000件 特別求人 ヘッドハンターからのスカウト
LiBzCAREER
求人2,500件 キャリア女性の転職サイト
Switch.
求人1,500件 IT・WEB業界専門「あしあと」機能

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク