Pocket
LINEで送る

求人分析

【公式】転職ナビ

 

転職ナビでは、およそ23万件もの求人が掲載されています。

全ての職種に対応しており、国内で最大級の規模を誇る総合系転職サイトです。

職種別求人については、以下の特徴があります。

■販売・サービス・オフィス関連職に強い

■製造・設備・運輸の職種も目立つ

■技術系(医薬・食品)の職種が一番少ない

■美容・専門職は、やや弱い傾向

 

 




スポンサードリンク


求人について

解説に入る前に、まず、転職ナビに掲載されている求人には、「ハローワーク求人」も含まれています。

ハローワーク求人の数は、およそ160,000件もあります。

全体のおよそ68%も占めているため、総求人数が膨大な数になっています。

ジョブセンスリンク・総求人数(ハローワークと独自求人)

今回解説していくのは、ハローワーク求人を除いた「転職ナビが掲載している求人」のみで解説していきます。

ハローワーク求人は、毎日多くの求人が更新されています。

そのため、ハローワーク求人を含めて検証してしまうと、転職ナビの特徴が見えにくくなってしまいます。

ジョブセンスが独自に掲載している求人数は、およそ75,000件あり、全体の32%を占めています。

ハローワーク求人を除いてもこの求人数なので、国内で最大級の規模を誇る転職サイトです。

では本題に入っていきます。

 

職種別求人数(ハローワーク求人除く)

職種求人数(ハローワーク求人除く)
営業3,535
事務・経営管理15,249
企画・マーケティング・経営企画519
販売・サービス28,297
飲食・フード1,679
美容347
技術系(IT・通信)3,465
クリエイティブ3,114
建築・土木2,436
製造・設備・運輸9,792
技術系(電気電子・機械・半導体)893
技術系(医薬・食品・素材)103
医療・福祉・保育6,561
専門職(コンサル・金融・不動産)398
その他(公務員・講師等)343

(※2017年3月調査の求人数 求人数は常に変動致しますので、あくまで目安にしてください)

 

ジョブセンスリンク・職種別求人数(ハローワーク求人除く)

グラフ 求人割合(職種別)

チェックポイント販売・サービス系の職種が一番多い

転職ナビの中で、最も求人が多い職種は、販売・サービスの職種です。

求人数はおよそ28,000件もあり、全体の4割近くを占めています。

「販売・サービス」の職種では、ファッション・小売・アミューズメント・旅行・ホテル・冠婚葬祭などに細かく分類されています。

中でも「小売」関連の販売系の職種が一番多く、およそ18,000件ほどあります。

また、ファッション系の販売も9,000件近くあります。

 

転職ナビでは、販売・サービス系の職種に強いという特徴があります。

 

チェックポイント続いてオフィス関連の職種

二番目に多い職種は、事務・経営企画といったオフィス関連の職種です。

求人数はおよそ15,000件あり、全体の2割を占めています。

具体的な職種は、一般事務・秘書・受付・経理・人事・総務・広報など様々です。

中で一般事務・秘書・受付の求人が目立っています。

 

チェックポイント製造や運輸も目立つ

製造・設備・運輸の職種も目立ちます。

求人数はおよそ10,000件ほどあります。

具体的な職種は、製造(技能工)・運輸関連・ドライバー・警備・清掃・ビル管理などがあります。

中でも技能工やドライバーの求人が多くを占めています。

 

チェックポイント転職ナビの中で求人が少ない職種

一方、転職ナビの中で求人が少ない方に入る職種は、美容・技術系(医薬・食品・素材)・専門職・その他(公務員等)などです。

特に技術系(医薬・食品・素材)が一番少なく、およそ100件の求人となっています。

具体的な職種は、研究員・薬事・臨床開発など高度な専門知識と技術が必要となるため、転職市場全体でも求人は少ない方に入ります。

その他(公務員等)も同じような傾向にあります。

美容や専門職は、転職サイトによって強いところもあるので、転職ナビではやや弱い分野であると言えます。

 


 

このように、職種別求人の特徴として、

■販売・サービス・オフィス関連職に強い

■製造・設備・運輸の職種も目立つ

■技術系(医薬・食品)の職種が一番少ない

■美容・専門職は、やや弱い傾向

といった特徴があります。

転職ナビでは全職種に対応できる総合系の転職サイトです。

 

以上、転職ナビの職種別求人でした。

 

最新の求人情報は公式サイトへ

登録・利用は完全無料

公式サイト

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク