求人分析

【公式】MS-Japan

MS-Japanは管理部門と各士業に特化した転職エージェントです。国内・海外に対応しており5,000件の紹介求人を保有しています。転職サポートでは、業界を熟知し、高い専門性を持つキャリアアドバイザーが、あなたのキャリアや希望に応じたベストな転職をサポートしてくれます。

求人の職種は、管理系の職種と士業がメインとなります。

職種別の求人については、以下の特徴があります。

■会計事務所・監査法人が一番多い

■経理・財務も目立つ

■一般事務のようなオフィスワークは少ない

 

 




スポンサードリンク


職種別の求人

職種求人数
会計事務所・監査法人1,503
法律・特許事務所237
社会保険労務士事務所61
経理・財務1,299
人事・総務895
法務402
経営企画・内部監査287
広報IR・マーケ・購買76
秘書・オフィスワーク58
コンサルティング392
金融34
役員・その他10

(2017.6月求人調査件数※求人数は常に変動するため、あくまで参考にしてください。)

 

MS-Japan・職種別求人数

グラフ 求人割合(職種別)

 

チェックポイント会計事務所・監査法人が一番多い

MS-Japanの中で、最も求人が多い職種は、会計事務所・監査法人です。

求人数はおよそ1,500件あり、全体の3割近くを占めています。

いわゆる、税理士や会計士が活躍する職種に該当します。

士業の中でも、特にこれらの職種に強いという特徴があります。

 

チェックポイント経理・財務も目立つ

また、経理や財務といった職種も豊富です。

求人数はおよそ1,300件あり、全体の1/4を占めています。

これらの職種は、会計事務所とは違い、おおよそどの企業でも必要となる職種です。

 

チェックポイント求人が少ない職種

一方、求人が少ない職種は、オフィスワーク・金融・役員です。

金融や役員については、一般的に求人が少ないのでMS-Japanに限ったことではありません。

しかし、オフィスワークについては一般的に求人が多い職種です。

管理部門を専門としていますが、一般事務などのオフィスワークではなく、比較的レベルの高い職種に強いということが分かります。

 


 

このように、職種別の求人の特徴として、

■会計事務所・監査法人が一番多い

■経理・財務も目立つ

■一般事務のようなオフィスワークは少ない

といった特徴があります。

 

以上、MS-Japanの職種別求人でした。

 

より詳しい求人情報は公式サイトへ

転職支援サービスは完全無料



 

 

 



スポンサードリンク