求人分析

【公式】MS-Japan

MS-Japanは管理部門と各士業に特化した転職エージェントです。国内・海外に対応しており5,000件の紹介求人を保有しています。転職サポートでは、業界を熟知し、高い専門性を持つキャリアアドバイザーが、あなたのキャリアや希望に応じたベストな転職をサポートしてくれます。

活かせる資格は様々で、保有資格別の求人については、以下の特徴があります。

■どの資格も難易度が高いため、ニーズが高い

■中でも税理士資格は一番有効

■公認会計士も目立つ

 

 




スポンサードリンク


保有資格別の求人

保有資格求人数
弁護士253
司法試験合格86
公認会計士943
会計士試験合格643
税理士1,081
税理士科目合格881
USCPA348
社会保険労務士126

(2017.6月求人調査件数※求人数は常に変動するため、あくまで参考にしてください。)

 

MS-Japan・保有資格別求人数

グラフ 求人割合(保有資格別)

 

チェックポイント比較的どの資格も活かせる

MS-Japanでのニーズがある資格は、どれもが難易度が高い資格です。

そのため、どの資格を持っていてもかなり優遇されます。

求人数を見てみても、全体にバランスよく求人があります。

 

チェックポイント税理士資格が一番多い

MS-Japanの中では、税理士の資格を活かせる求人が最も多いようです。

税理士資格を持っている場合は、1,000件以上のニーズがあります。

科目合格者でも900件近くの求人があるため、MS-Japanでは税理士の資格はかなり有効的と言えます。

 

チェックポイント会計士も目立つ

税理士に続いて多いのが、公認会計士です。

公認会計士の資格を求める求人は、およそ950件近くあります。

会計士の試験合格者でも600件の求人があります。

会計士の資格も十分に活かせるでしょう。

 


 

このように、保有資格別の求人の特徴として、

■どの資格も難易度が高いため、ニーズが高い

■中でも税理士資格は一番有効

■公認会計士も目立つ

といった特徴があります。

 

以上、MS-Japanの保有資格別求人でした。

 

より詳しい求人情報は公式サイトへ

転職支援サービスは完全無料



 

 

 



スポンサードリンク