転職Q&A

 

Q-3 『履歴書』に書く職歴と『職務経歴書』に書く職歴の違いは?

 

Answer

履歴書に書く際の職歴は、基本的に「学歴」の書き方と同じです。

「いつ・どの会社に入社して・いつ退社したのか」という概要だけを書きます。

そうです…履歴書に書く職歴は、“概要”です。

ですので書き方としては、入退社の年月と会社名、もし書き加えるなら事業内容・役職・部署などです。

どのような仕事に携わってきたのかを記載する必要はありません。※それは職務経歴書の役割

平成〇年 △月 サンプル株式会社 入社

平成〇年 ▽月 サンプル株式会社 退社

これでOKです。

 

一方、職務経歴書に関しては、仕事内容や実績、スキル等を細かく記載します。

つまり、履歴書での概要を、職務経歴書で詳しく書くという役割があります。

書き方のポイントとしては、履歴書と職務経歴書の職歴が被らないことです。

たまに履歴書にも仕事内容やアピール要素を盛り込む例を見ますが、それでは職務経歴書でのインパクトやアピール力に欠けます。

そもそも履歴書で情報を書きすぎると読むのが疲れてしまい、最もアピールしたい職務経歴書を読む気力が減ってしまいます。

職務経歴書にたどり着いたのは良いが、それが履歴書と同じ情報だったら…余計に印象は悪くなりますよね…

理想としては、履歴書で軽く触れておいて興味を引き、職務経歴書でその期待に応えるという流れがベストです。

ですので、

・履歴書の職歴は概要だけ

・職務経歴書でそれを詳しく

という違いをハッキリさせておきましょう。

 

 

転職Q&Aトップに戻る

その他の書類選考に関するQ&A

 

スポンサードリンク