Pocket
LINEで送る

応募書類を手渡す方法・マナー

応募書類が出来上がって企業に提出する方法は、郵送だけではありません。

応募企業によっては、「面接時に書類を持参する」といったケースも少なくありません。

以前紹介したのは、郵送時の方法です。履歴書・職務経歴書の封筒の書き方と郵送方法

今回ご紹介するのは、履歴書・職務経歴書といった応募書類を、面接時に持参して手渡しする際の方法やマナーについて、詳しく解説していきます。

 




スポンサードリンク


手渡す場合の応募書類の準備

直接企業に応募書類を手渡す場合は、クリアファイルにまとめて、無地の封筒に入れて、封を綴じずに持っていきます。

封筒の表面には、赤字で「応募書類在中」と記載し、裏側にあなたの住所と名前を記載します。

つまり、郵送との違いは、「宛先を書かない」「封を綴じない」という違いがあります。

詳しく解説します。

 

封筒の書き方

書類を手渡しする・封筒の書き方

表面

1.左下に、赤のボールペンで「応募書類在中」と記載し、定規を使って周りを赤字で囲います。

 「履歴書在中」でも良いですが、職務経歴書も同封しているので「応募書類」の方がしっくりくるでしょう。

Point!

・応募先企業の住所や宛名は不要です。

郵送の場合は「宛先」が必要ですが、持参する場合は直接手渡しになるためです。)

 

裏面

封筒の真ん中につなぎ目があると思いますが、左側に書いていきます。

1.まずは書類を持参する日付を記載します。

 場所は左上で、縦書きで書きます。

 元号と日付は書類と合わせてください。

2.郵便番号を横書きで書きます。

3.都道府県から住所を縦書きで書きます。

4.一段下げて、自分の名前を縦書きで書きます。

 

添え状は必要なし

封筒が書けたら書類を入れます。

郵送の場合は”添え状”が必要でしたが、手渡す場合は送付状(添え状)は不要です。

送付状(添え状)の役割は「挨拶」であり、手渡す場合は直接採用担当者と挨拶を交わすので必要ありません。

 

書類の順序と封筒に入れる向き

書類を入れる順序は、相手が読む順に重ねます。

1.履歴書
2.職務経歴書
3.指定の提出物(必要であれば)

それからクリップで留めてクリアファイルに綴じます。

応募書類を手渡す・書類を入れる

そして、書類を入れるときの向きですが、

「応募書類在中」と書いた、封筒の表側を上にして入れます。

以下、画像を参考にしてください。

応募書類を手渡す・書類を入れる向き

 

※重要 封は綴じない

郵送の場合、最後に糊を使って封を綴じますが、手渡しの場合は綴じてはいけません。

綴じてしまうと、採用担当者がわざわざ封を開けるという手間がかかります。

ですので、手渡しの際は封を綴じず、書類を入れたらそれで完成です。

 

面接官に直接手渡す場合のマナー・注意点

面談・面接・カウンセリング

面接官に直接応募書類を手渡す場合、

“応募書類を封筒に入れたまま渡すのはマナー違反”

となりますので、注意してください。

 

面接官に応募書類の提出するよう求められたら、以下の流れで渡します。

1.封筒から書類を出す

2.封筒の上に重ねる(向きを合わせる)

3.面接官が読みやすいように相手に向けて、両手で手渡す

この一連の作業が必要です。

 

書類を封筒に重ねる際は、表面を合わします。

手渡す際の向きは相手側にして、賞状を受け取るような感じで、両手で渡すとうまくいきます。

前日にこの流れの練習をしておくほうが良いでしょう。

 

面接官に開封させる手間をとらせないように、気配りするのがマナーです。

 

もし書類の提出を求められなかったら、こちらから聞いてみましょう。

「応募書類を持参しましたが、お渡ししてもよろしいでしょうか」

 

受付等で書類を提出する場合のマナー・注意点

女性・転職

応募書類を持参する場合、面接官に渡すケースだけではありません。

企業によっては、受付等で応募書類を一度預かる場合もあります。

その際は…

応募書類は封筒から出さずに、封筒に入れたまま提出します。

受付の方に渡す際も、相手方に書類を向けて、両手で手渡すようにします。

「こちら応募書類です。よろしくお願いいたします」と一言添えて渡すと良いでしょう。

面接官が見ていなくても、マナーが悪かった場合は面接官に伝わっていることがあります。

応募先企業に入ったら誰かに見られていますので、常に丁寧な対応を意識するようにしましょう。

 

まとめ

応募書類を直接企業に手渡す際の方法やマナーについて解説してきました。

注意点は、以下のポイントにまとめています。

Point

封筒の表面は、宛先は書かかず、「応募書類在中」の朱書きのみ

封筒の裏面は、日付、自分の住所と名前を書く

封は綴じない

面接官に直接手渡す際は、封筒から書類を取り出し、封筒の上に書類を重ねて相手方に向けてから両手で渡す

受付等で提出する際は、封筒に入れたまま、相手方に向けて両手で渡す

私も転職活動で、何度か持参するケースがありました。

ですので、書類を持参することは決して珍しいことではありません。

面接直前でマナー違反をしてしまうと、面接の場の空気が悪くなってしまいます。

正しい方法で書類を手渡し、良い印象を持ってもらった上で面接に挑みたいところです。

一連の流れがあるので、事前に手渡す練習をしておくことをオススメします。

以上、書類を手渡す際の方法とマナーでした。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク