2月は転職活動に絶好の時期です。

求人に恵まれ、転職した後も環境が良く馴染みやすいため、一年の中でも転職活発時期と言えます。

ここでは、2月に転職活動をスタートされるメリット・デメリットを解説しています。

 




スポンサードリンク


2月に転職活動をスタートするメリット

強み・特徴

チェックポイント求人が多く選択肢が豊富

2月転職の最大のメリットは求人数の多さでしょう。

2月は1年の中で最も多い時期の一つで、応募できる選択肢が豊富にあります。

通常なら求人を出さない優良企業もこのタイミングで求人を出すこともあります。

また、希望条件にできるだけ近い求人が見つかる可能性も高くなるでしょう。

ライバルが多いというデメリットがある反面、それ以上に多くの求人が世の中に出回ります。

 

チェックポイント社内環境に溶け込みやすい

2月に転職活動をスタートさせると、4月入社が目安になってきます。

求人企業側も4月入社に合わせて1,2月に求人を出すケースが多いです。

4月入社ということは、新卒で入社してくるメンバーと同じタイミングになるので、歳は違えど入社時期が同じなら社内での同期仲間が多くなります。

また、採用枠も複数名いる場合なら中途採用内での同期仲間もできます。

1人だと不安や悩みを打ち明けにくいですが、同期の仲間がいれば切磋琢磨し合いながら社内環境に馴染みやすくなります。

 

チェックポイント研修や教育制度をきちんと受けられる

2月の転職スタートは基本的に4月入社を目指すことになります。

そうすると、先ほど言ったように新卒メンバーと同じ時期になるので、基本的な社内のオリエンテーション、新人研修や教育制度を同時に受けることができるチャンスがあります。

中途採用でも100%実施されるとは限りませんが、こういった教育や研修を受けられるに越したことはありません。

特に未経験での転職活動であれば尚更です。

こういった制度について気になる方は面接等で確認すると良いでしょう。

※私は転職で6月入社した経験がありますが、研修や教育制度を受けることができず、ちょいと苦労した経験があります。

 

チェックポイント比較的退職しやすい

転職活動で大変なことの一つに、「退職」があります。

辞める会社なので意外と軽視しがちですが、実はここでつまずく人も多いです。

「いきなり言われても困る」「もうちょっと考えてくれ」など、能力の高い方なら尚更引き留めにあうでしょう。

しかし、2月の転職活動であれば、4月の新年度のタイミングと重なるので、現職にも新卒入社や中途採用が集まりやすい時期です。

退職によって少なからず現職に迷惑を掛けてしまうことは避けられないですが、こういった人材が確保しやすい時期であれば引継ぎや後任者を選定しやすいです。

できる限り円満退社したいのは誰もが思うことです。

2月は退職する面においても比較的スムーズに進みやすいケースが多いです。

 

2月転職のデメリット

転職せざるを得ない

2月の転職活動ではこういった大きなメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

ライバルが多い

応募者が多い分、企業の採用基準が厳しくなりやすい

入社時期が遅れると研修などを受けられないケースがある

入社時期が遅れるとGWを挟んで遅れる

4月入社は新卒メンバーと同期になるので、年齢差を気にする方は向かない

まぁ、気にならん方はならんでしょうが、特にライバルが多い時期になるので採用基準のレベルが上がります。

また、退職がうまく進まないと4月入社に間に合わないケースがあるので、きちんと計画的に退職スケジュールも考えながら進めていきましょう。

 

まとめ

簡単ですが、2月に転職活動をスタートさせるメリット・デメリットを解説してきました。

求人が豊富にある時期なので希望に合う求人が見つかりやすい時期です。

ただ、求人が多いからといって決してラクな転職になることはありません。

あくまで中途採用では経験者を欲しているので、これまでの経験やスキルをきちんとアピールする必要があります。

転職サイトやエージェントを上手く活用しながら転職を成功させましょう。

 

以下の記事でもこの時期の転職について解説していますので併せてチェックしてみてください。

転職活動を始めるなら今から!4月入社を見込んだ採用活動が活発に

 

スポンサードリンク