Pocket
LINEで送る

転職回数

あなたは今まで転職経験がありますか?

もしあるのであれば何度目ですか?

この“転職回数”は、転職理由と同様に選考で必ずチェックされる項目です。

一般的には転職回数が多いほど転職に不利と言われています。

それは単に「印象が悪い」からです。

しかし、世の中の転職事情は変化してきており、以前と比べて転職している方は珍しくなく、むしろ大多数になってきています。

そこで気になるのが回数です。

世の転職者たちは、どれくらいの転職経験があるのかを確認していきたいと思います。

大手人材サービス企業である、「エン・ジャパン」「リクルート」「日経キャリア」の3つの統計データを参考に解説していきます。

 




スポンサードリンク


エン・ジャパンのデータを見る

エンジャパン転職回数アンケート調査

(出典:エン・ジャパン第98回アンケート集計結果

エンジャパンでは、様々なテーマでアンケート調査を行っています。

その中で転職経験についてのアンケートを発見しました。

調査は約2,700名を対象に実施された比較的規模の大きいものです。

年代別で分かりやすく分類されていますが、年代が上がるごとに転職回数は増加傾向です。

全体平均でいうと、2.35回です。

「.35」という転職回数は存在しないので、繰り上げて3回です。

つまり、20代~60代の現役世代では、平均3回の転職を経験しているということです。

 

これが多いのか、少ないのか、よく分からないですよね。

そこで、過去のデータと比較して推移をチェックしてみましょう。

エンジャパンでは更に古いデータもあり、以下は2006年に実施された転職経験のアンケート調査です。

エンジャパン転職回数アンケート調査2009

(出典:エンジャパン第2回アンケート集計結果

2006年では、転職経験が無いという方の割合が最も多いです。(全体の28%

一方で、近年実施された2014年の調査では、転職経験なしが全体の17%最も多いのが「1回ある」20%です。

これだけでも、以前と比べて転職者が増加していることが分かります。

更に各転職回数の割合などを比較してみましょう。

 

 2006年調査2014年調査
転職経験なし28%17%
1回経験22%20%
2回経験19%19%
3回経験14%16%
4回経験8%11%
5回以上経験9%17%
全体平均1.8回2.35回

これを見てお分かりかと思いますが…

まず先ほどお伝えしたように、転職経験なしの方が減少しています。(28%⇒17%)

そして転職回数1,2回までは、過去の2006年の方が多い、もしくは同等数です。

しかし転職回数3回以上になると大きく変化していき、転職回数5回以上なんてほぼ倍近くになっています。

結果的に、全体平均が1.8回から2.35回まで大きく増加しています。

このアンケート調査からも分かるように、転職回数は、明らかに増加傾向にあります。

 

リクナビNEXTのデータを見る

リクルート転職回数調査結果

(出典:リクナビNEXT 年代別の転職回数と採用実態

続いてリクルートが行っている調査をチェックしてみましょう。

大手転職サイト「リクナビNEXT」による、半年の期間で新規登録した会員データをもとに調査しています。

具体的な調査人数は非公開ですが、この点からかなり大規模な調査であると予想されます。

 

年代別に調査しており、こちらも年代が上がるごとに転職回数は増加傾向です。

20代では8割近くの方が転職経験なしです。

しかし30代に入ると転職経験なしの方が一気に減少します。

丁度、「転職経験なし・あり」が半々の年代です。

そして40代に入ると6割の方が転職を経験しており、4割の方が2回以上の転職を経験しています。

 

リクルート調査の全体的な平均は以下の通りです。

リクルート平均転職回数

——————

なし  48%

1回  20%

2回  14%

3回   8%

4回以上 9%

——————-

あくまでリクルート会員内で、半年期間のみの調査ですので、エン・ジャパンと差はあります。

全体平均として言えることは、「転職経験なし・ありは半々」という結果です。

そして転職している方で最も多い回数は1回です。

 

日経キャリアのデータを見る

日経転職回数調査

日経転職回数調査年代別

(出典:日経キャリア 第10回 転職にまつわる会員アンケート企画第1弾

最後に日経キャリアの調査をチェックしてみましょう。

調査対象は約800名で、日経キャリアNETの会員に向けて行われました。

全体平均を見ると、もはや転職経験が無い方はわずか2割程度しかいません。

半分以上の方が転職を2回以上経験しているという結果です。

 

どこの調査でもそうですが、やはり20代と30代では大きな違いが見られます。

20代で転職経験なしが63%に対して、30代になると22%に大きく減少します。

やはりこの20代⇒30代の世代が、大きな境目となっています。

30代になると一気に転職回数が増えているので、転職する意識が高い&複数回の転職がごく当たり前になってきている状況のようです。

 

まとめ

エンジャパン・リクルート・日経キャリアのデータを参考に、転職回数について解説してきました。

以前と比べ、転職自体が当たり前になってきているのがお分かりかと思います。

そして1回だけではなく、年代によっては2回、3回と複数回転職を繰り返してきている方が多いようです。

転職回数が多いのは決して転職で有利ではありませんが、

「自分だけ転職ばかりを繰り返している…」と思っている方は、世の中の傾向がそうでもあるという、少し前向きな考えで捉えましょう。

ひとつの企業に最後まで骨をうずめるという時代は、終わりに近づいてきているかもしれません。

以上、みんなの転職回数でした。

 

 

転職成功ノウハウTOPに戻る

転職検討編 記事一覧

次の記事:1-6.適性診断・市場価値を確認してから判断

前の記事:1-4.みんなの転職理由は?

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク